女王国の城 下 (創元推理文庫)

著者 :
  • 東京創元社 (2011年1月28日発売)
3.97
  • (8)
  • (12)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 114
感想 : 7
5

江神シリーズ3作目から10年以上間が開いた新作とのことですが・・・

年数経っただけのことはあるというか、
作者様の技量の伸びが凄まじいと感じました。
成長された分、ご自身への「縛り」のハードルが上がりまくっていて、
読んで唸ってしまうほどの志の高さです。

志とは、あり得ない物語にギリギリのリアリティを吹き込むその姿勢です。
その志が高すぎて、ついに本作では、
クローズドサークルの理由が物語そのものになってしまっています。

こんなことをされると、「シリーズ長編あと1作」と言われているけど、
そんなもん人類に本当に書けるのかなと不安になります。

それから、この人の真骨頂の消去法のフーダニット、
ますます研ぎ澄まされていて、解決編の緊張感半端ないっす。

ファンとしては(いつの間にかファンになっていたわけですよ)、
これ以上の物を目指すよりも、これ未満でもうじゅうぶんだから、
もっと色々食べさせてほしいと期待してしまいます。

誠実な大先生をこれからも応援します。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 本格ミステリ(国内)
感想投稿日 : 2024年6月3日
読了日 : 2023年1月13日
本棚登録日 : 2023年1月13日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする