氷上のフェニックス (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA (2020年12月24日発売)
3.44
  • (1)
  • (3)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 51
感想 : 5
3

フィギュアスケート。少年が五輪を目指す物語。個人競技だけど、なるほど、ライバルと競い合うことで己の技術を高め、それを見た次世代の選手がその思いとともに成長する。
それは個人というよりは、チーム競技のようでもあり。

幼なじみで最大のライバル。それは恋敵?
相性の良い女性コーチ、クセの強い外国人コーチ。
先輩、後輩、外国人選手と様々な登場人物で飽きさせず、最後までフィギュアスケートを知らなくても面白く読める。

滑走シーンの描写はスリリングでゾクゾクした。もっと多くてもいいと思う。
ただ、誰の視点で書かれているのかわからなくなる箇所があり、混乱する。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2021年3月23日
読了日 : 2021年3月2日
本棚登録日 : 2021年3月23日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする