サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福

4.30
  • (856)
  • (627)
  • (225)
  • (35)
  • (10)
本棚登録 : 9933
レビュー : 662
まくさん  未設定  読み終わった 

ホモ・サピエンスがなぜここまで繁栄したのかを読み解いている

宗教だけでなく人権や平等までが「虚構」であり「虚構」のおかげで見ず知らずの人と協力し、文化は発展しホモ・サピエンスは食物連鎖の頂点に君臨したという内容。

今まで気候変動で巨大生物(マンモスなど)が絶滅したと思っていたが、人類の移動によって絶滅したというのは初耳である。
また進化心理学でなるほどと思った内容が否定され違う考えが記されてあったり、物事を多角的に捉える機会になった。

人類を美化せず、生物として様々な角度から紐解いているところがおもしろい。

レビュー投稿日
2020年10月9日
読了日
2020年10月9日
本棚登録日
2020年10月9日
8
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸...』のレビューをもっとみる

『サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福』のレビューへのコメント

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする