魔女の宅急便 3キキともうひとりの魔女 (角川文庫)

3.83
  • (41)
  • (70)
  • (71)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 725
レビュー : 61
著者 :
fkhrsmeさん  未設定  読み終わった 

突然現れたもう一人の魔女にイライラしたり翻弄されたりにすごく共感してしまった。
杖のおじいさんの話や靴をなくしたお話など、自分がこれから迎えるかもしれない人生の局面をどのように捉えたら良いのだろうと思うような物語がありました。
人生を飾ったり、変に避けたりすることなく、まっすぐ描く著者がすごいと思います。
少しずつ大人になっていくキキがすごく楽しみです。

レビュー投稿日
2013年9月14日
読了日
2013年9月14日
本棚登録日
2013年9月14日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『魔女の宅急便 3キキともうひとりの魔女...』のレビューをもっとみる

『魔女の宅急便 3キキともうひとりの魔女 (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『魔女の宅急便 3キキともうひとりの魔女 (角川文庫)』にfkhrsmeさんがつけたタグ

ツイートする