青年のための読書クラブ

3.73
  • (261)
  • (386)
  • (461)
  • (44)
  • (7)
本棚登録 : 2224
レビュー : 410
著者 :
あまぐもさん さ行の作家   読み終わった 

+++
東京・山の手の伝統あるお嬢様学校、聖マリアナ学園。校内の異端者だけが集う「読書クラブ」には、長きにわたって語り継がれる秘密の〈クラブ誌〉があった。そこには学園史上抹消された数々の珍事件が、名もない女生徒たちによって脈々と記録され続けていた――。今もっとも注目の奇才が放つ、史上最強にアヴァンギャルドな“桜の園”の100年間。
+++

お嬢様学校の誉れ高い聖マリアナ学園が舞台の物語なのだが、学園物語という言葉から連想されるのとはいささか趣を異にする世界が繰り広げられている。そもそも、聖マリアナ学園の成り立ち方からして尋常とは言えず、すでにそこには異端の匂いが色濃く漂っているのである。だが、女の園の常としての偶像崇拝的な恋愛ごっこや、二大勢力の学内戦争などは、これでもかというほど盛り込まれており、その二大潮流から外れたところに存在する「読書クラブ」こそがこの物語の本流であるというところが、もっとも聖マリアナ学園らしいとも言えるのである。詰まるところ、本作は、読書クラブ員たちが代々秘密裏に書き綴ってきた「読書クラブ誌」そのものなのである。赤レンガの部室棟の倒壊とともに姿を消した読書クラブだが、中野の某所で密かに生き続けているラストシーンで思わずにんまりしてしまう。著者らしい一冊だった。

レビュー投稿日
2017年6月18日
読了日
2017年6月18日
本棚登録日
2017年6月18日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『青年のための読書クラブ』のレビューをもっとみる

『青年のための読書クラブ』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする