損する結婚 儲かる離婚 (新潮新書)

3.62
  • (19)
  • (38)
  • (29)
  • (6)
  • (5)
本棚登録 : 332
レビュー : 41
著者 :
Flooding Throneさん  未設定  読み終わった 

離婚に際して扶養者側から被扶養者側に支払われる「婚姻費用(コンピ)」。このために被扶養者側にとって婚姻継続より離婚を選択した方が有利となるケースがあるのでは、というのが著者の問題提起。前半では、このことのアンフェアさがモデルや具体例を持って強調され、後半では、周到に愛人を選別することでこの婚姻費用と同等のエコノミクスが得られることがやはり数理モデルを用いて示されるとともに、現代の婚姻制度が無用に女性に負担を強いていると糾弾する。

しかしよく考えてみれば、離婚したからコンピが明示的に現れてくるだけなのであって、円満な継続的婚姻関係においても機会費用的にコンピは発生している。離婚したからといって急に配偶者にコンピの支払いが発生するわけではない。

また後半の数理モデルにも問題があるように思える。モデル化のためいくつかの前提条件が置かれるのは当然だが、既婚富裕層をパートナーとして選択した場合、そのパートナーが自分以外には愛人を置かない、とする前提は果たして妥当なのだろうか。愛人が自分だけならば十分な養育費が得られるだろうが、そのような御仁が「誠実にも」愛人を一人に限定する保証はないのではないか。また、金融にオリジンの一つを持つ著者が、「金利ゼロ」の前提を安易に置くのもどうかと思った。

レビュー投稿日
2017年10月12日
読了日
2017年10月7日
本棚登録日
2017年8月13日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『損する結婚 儲かる離婚 (新潮新書)』のレビューをもっとみる

『損する結婚 儲かる離婚 (新潮新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする