脇役―慶次郎覚書 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社 (2006年9月28日発売)
3.44
  • (4)
  • (9)
  • (17)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 95
感想 : 7
3

シリーズに登場する主な脇役が主役として登場。過去の生い立ち、現在の生活、そして心情。彼らを含めて、市井の人々も様々に悩み、自分を洞察し、どう生きようかと考える。読者が共感できた時、同じく自らを省みるだろう。2016.9.25

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2016年9月25日
読了日 : 2016年9月25日
本棚登録日 : 2015年12月4日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする