四季 春 (講談社文庫)

3.61
  • (280)
  • (402)
  • (686)
  • (56)
  • (13)
本棚登録 : 3893
レビュー : 342
著者 :
flyingbird0506さん  未設定  読み終わった 

何年も前に図書館で春夏秋冬とすべて読んだのだけど
そのときは春だけ購入しませんでした。
読み返したいと思わないと判断しました。

けれど最近、好みが変わったので
夏と秋を売り払いました。
この2つは手元になくとも自分の頭の範囲で記憶できるような感じがしたから。

冬のみ手元に置いたのは
冬の世界は私の想定の埒外すぎて再生保存できないから。

それで急に春が気になって
そもそもの根源を確認したい、と思ったのです。
なぜでしょう。

冬で、四季がある概念をウォーカロンに吐露したことにある気がします。
ある意味でようやく。
それが大人になる、ということ。
とわたしも思いました。

だから、超然としたこどもの四季を見たくなりました。
なつかしくも不器用で孤独なこどもの姿を。

何年もたってからこういう楽しみ方があるのですね。
書物はなにひとつ変わらないのに。

レビュー投稿日
2016年6月11日
読了日
2016年6月11日
本棚登録日
2016年6月11日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『四季 春 (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『四季 春 (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする