人形館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)

3.17
  • (59)
  • (159)
  • (331)
  • (112)
  • (24)
本棚登録 : 2071
レビュー : 189
著者 :
月守青蓮さん 日本書籍   読み終わった 

また、やられた。くそう!
この方法もあるって知ってるのに、綾辻さん、性格悪いよ、でも読んでて面白いから只管悔しくもある。
でも面白いんだよ。そこが悔しい。
密かに表紙の木の中央の顔に吃驚した。

そしてやっぱり島田潔の名前の由来はそこだったか。その部分のところで思わず「ああああ!」と叫びたくなるほどに嬉しい吃驚だった。まあ、最初の人形の件であれ?って思うけど。
館物は綾辻さんは最早私的に定説となりました。
時計館の新装版はいつ出るのだろうか・・・

レビュー投稿日
2010年9月20日
読了日
2010年9月20日
本棚登録日
2010年9月20日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『人形館の殺人 <新装改訂版>...』のレビューをもっとみる

『人形館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『人形館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)』に月守青蓮さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする