GOSICK II ゴシック・ その罪は名もなき (角川文庫)

3.72
  • (154)
  • (350)
  • (314)
  • (31)
  • (5)
本棚登録 : 2723
レビュー : 221
著者 :
朱夏さん ライトノベル   読み終わった 

ヴィクトリカの母にまつわる謎解き。
不思議な新聞広告から学園を抜け出したヴィクトリカと一弥。
相変わらずの二人の組み合わせの関係が可愛い。
主要登場人物がみんな微妙にコミュ障(一方通行な)でそこらへんがもどかしいのだけど、複雑さを今後解き明かされていくことに期待する。

結局予言の能力はどういうトリックがあったの?
あと王国は世襲制ではないんだね。とか多少の疑問が残った。

レビュー投稿日
2019年7月6日
読了日
2019年7月6日
本棚登録日
2019年7月6日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『GOSICK II ゴシック・ その罪は...』のレビューをもっとみる

『GOSICK II ゴシック・ その罪は名もなき (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする