雷の季節の終わりに

3.76
  • (112)
  • (202)
  • (189)
  • (20)
  • (3)
本棚登録 : 905
レビュー : 197
著者 :
朱夏さん 小説   読み終わった 

穏という隔絶されていた村で暮らしていた私の回想録。
この世とあの世の狭間の国、家族のいない私。
虐められていた私に声を掛けてくれた穂高という少女。
厳格とも言える身分制度、外からやってきた私は最下層だった。
唯一居たはずの姉も雷の季節に拐われてしまった。
そして私に取り憑いた鳥。

やっぱりこの作者さんの世界観が好きだわ。
レイヤーが違う感じとか。

家出して居なくなってしまった姉のお父さんがどうなってしまったのか気になる。

レビュー投稿日
2019年6月6日
読了日
2019年6月6日
本棚登録日
2019年6月6日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『雷の季節の終わりに』のレビューをもっとみる

『雷の季節の終わりに』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする