小さき者へ・生れ出ずる悩み (岩波文庫)

3.67
  • (30)
  • (27)
  • (62)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 306
レビュー : 38
著者 :
footprintsさん 小説   読み終わった 

表題となっている短編2作を収録。

◆小さき者へ
母親を喪った3人の息子たちへの書簡。
妻を失った悲嘆と子を思う慈愛が混在する力強さと儚さは、吐露に近い。
書簡の体裁は取っているものの、彼自身が文章にすることで、
妻の死、ひいては妻の死を受け止めきれない自分を、形象化しようと試みている。

◆生まれ出ずる悩み
芸術の才を持ちながらも、北海道の貧しい漁夫という宿命との
狭間で揺れ動く様を描く。

とにかく文章が圧倒的に美しい。
文章の発する意味はもとよりも、読むときのスピード、リズム、呼吸
漢字1文字助詞1文字が暗黙的に表現する風情に至るまで、
微細にわたって考え抜かれていると感じた。

これは編集者や読者、物語の世界観などを勘案したレベルではない。
2作品とも、身を削り、自己との対峙を自らに課した人間の文章。

久しぶりの「文学」に触れた気がします。

レビュー投稿日
2011年8月30日
読了日
2011年8月30日
本棚登録日
2011年8月30日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『小さき者へ・生れ出ずる悩み (岩波文庫)』のレビューをもっとみる

『小さき者へ・生れ出ずる悩み (岩波文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする