闇の守り人 (新潮文庫)

4.29
  • (1180)
  • (820)
  • (450)
  • (5)
  • (2)
本棚登録 : 5664
レビュー : 626
著者 :
フラニーさん 小説   読み終わった 

すごいなぁ。
精霊の守り人の中で、チャグムにふいに語ったあの物語が、こんな壮大な業になっていくとは!

闇の守り人ヒョウルという大きな存在やその盗掘にある不思議な宝ルイシャ、そんなことをどうやって思いつくのかしらとドクドクと読み進むと、バルサの故郷の悲しい政と、貧しくとも美しい景色に魅了されてます。
不思議な、小さな牧童たちが現れるともうなんとも言いがたく楽しくなってしまう!

私はバルサがドムの毒槍をうけ、気を失った後の小人達とのやりとりが大好きです。バルサの過去を振り返る辛い旅の中、いつも守られている暖かさ、はぁ、上橋菜穂子さん、ティティ・ランなんて、いったいどこから浮かんだのですか!山の王の姿の形容も、文句のつけどころなく素敵でした!

束の間の幻想と勇者との旅、心から楽しみました。

レビュー投稿日
2015年4月9日
読了日
2015年4月9日
本棚登録日
2015年4月9日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『闇の守り人 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『闇の守り人 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする