イノベーションのジレンマ―技術革新が巨大企業を滅ぼすとき

3.96
  • (24)
  • (27)
  • (25)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 261
レビュー : 26
制作 : Clayton M. Christensen  伊豆原 弓 
franny8301さん 自己啓発   読み終わった 

前半の理論は目新しくなくてしばらく放置してたけど、後半がすごく良かった。

優良な企業、良く考えられた戦略ほど「破壊的イノベーション」に負けてしまう。
携帯の無料ゲーム、ネットブックPCなど当てはまりそうな例がたくさんあるな。

インテル会長のコメントがまた秀逸。
「本書は、最も成功した企業が必ず直面する困難な問題に焦点を当てている。
明晰で、示唆に富み、それでいて恐ろしい。」

レビュー投稿日
2011年10月20日
読了日
2011年9月10日
本棚登録日
2011年7月24日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『イノベーションのジレンマ―技術革新が巨大...』のレビューをもっとみる

『イノベーションのジレンマ―技術革新が巨大企業を滅ぼすとき』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする