今はもうない (講談社文庫)

3.62
  • (443)
  • (620)
  • (1219)
  • (45)
  • (6)
本棚登録 : 5531
レビュー : 492
著者 :
Klausさん ミステリー   読み終わった 

笹木という男...序盤を読んでいる限りは硬派で無骨な感じかと想像していたのだが、物語が進行していくと徐々に本性を見せ始める。西之園嬢に夢中になっている姿がコメディじみていてクスリとさせられる。
今までのシリーズ作品と雰囲気がなんか違うなあと思って読んでいたら、種明かしされて納得。
また、解説が面白い。解説者は文章を書くのが大の苦手とおっしゃっているが(謙遜されてのことだと思うが)、いやいや解説で笑わせるってすごいと思いますよってなぐらいに文章が上手いです。

レビュー投稿日
2014年7月6日
読了日
2014年7月6日
本棚登録日
2014年7月6日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『今はもうない (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『今はもうない (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『今はもうない (講談社文庫)』にKlausさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする