読書状況 読みたい
読書状況 読み終わった [2018年10月18日]

知らない間に新刊が出ていて、早速購入。展開が変わってきた。

2018年10月18日

読書状況 読み終わった [2018年10月18日]

読書状況 読み終わった [2018年7月3日]

ウェイトやマシンを使わない自重トレーニングについて書かれている。監獄で受け継がれ発展してきたものとのこと。ジムトレーニングと組み合わせて試してみようと思う。

2018年4月22日

読書状況 読み終わった [2018年4月22日]

勉強になった。病院での仕事やチーム医療についても参考になる。年齢的にもチーム内ではプレイングマネージャーみたいな立場となることもあり、自分にとってタイムリーだった。

2018年10月16日

読書状況 読み終わった [2018年10月16日]
カテゴリ 実用

仏教のそもそも原点になった教え、涅槃に到達し悟るということはなんなのか、その悟る道筋はどのようなものなのか、について文献や現代の実践者の言葉を元に書かれた本。筆者は学術書ではない、と書いているが、学術書のようなスタイルで論理的に書かれている。この難しく根源的な問題に取り組もうとする筆者の気合いが感じられた。言葉で説明出来ない事柄が多い事を認めつつ、言葉で説明できる範囲を説明し尽くそう、という意図を感じた。ブッダそもそものスタイルとして、悟りのために出世間を要求していて、労働と生殖を否定している。それは、現代人の自分にとって非常に大きなハードルであり、厳しく感じた。現実の自分の生活の中で、悟りを目指すのは難しいのか、それとも、現代流のやり方があるのか、はたまた、煩悩にドライブされる時期を過ぎ、仕事や子育てから解放された晩年に仕上げの時期が来るのか?などなど、考えた。

2018年3月19日

読書状況 読み終わった [2018年3月19日]
カテゴリ スピリチュアル

ホモ・サピエンスの歴史を生物学的、社会学的に記述した本。筆者が認知革命と呼ぶ、人類がイメージを共有するやり方が社会を作り変化させ、人類を発展させていっているととく。宗教、科学、資本主義と言ったイデオロギーが社会を変えていくことが書かれている。未来についても書かれており、遺伝子改変やAI、サイボーグについて書かれており、人類が人類以上のものを産み出すシンギュラリティについても述べられている。歴史を人類の共通意識の変化で捉える方式は面白いと思った。また、社会の発展て果たして人類が幸福となるのか、という命題にも考察している。そこには若干の異論があったが、幸福というのは主観的なので、しょうがないだろう。最後は少しダラダラしていたが、良書であろう。

2018年3月5日

読書状況 読み終わった [2018年3月5日]
カテゴリ 歴史

この内容が600円弱で読めるというのはすごいと思う。安定の面白さ。ユング心理学から始まって、日本人の深層意識を民俗学や宗教観を元に紐解いて行く。特に面白いと思ったのは隠れキリシタンに伝わる教義が本来のキリスト教から変化していることに注目し、その変化の部分に日本独自の考え方があることを考察して行くところ。
西洋との対比の中で、西洋人が自我や個をアイデンティティに置くのに対して、日本人が全体との関係性をアイデンティティに置くというようなことも書かれており、とても分かる。人間は全体性と個の間を揺れ動き、それが統合されて行く事が心の成長なのだろうと思う。
神話は心が世界を見るためのもの、という事が繰り返し述べられている。これは自分の神話を日々アップデートしていくことで、世界をより良く理解出来るようになることを意味すると思う。心の成長のために役立つ考え方だと思った。

2018年2月21日

読書状況 読み終わった [2018年2月21日]
カテゴリ 科学

この巻で止まっているのね。同じような立場の人間が敵対するところや、正義のための悪をなすといった矛盾など、混沌の中のドラマが描かれていて良いと思った。その中心にいるのが、あくまで無邪気な女の子というのが良いと思う。続き(連載再開?)が楽しみである。

2018年2月17日

読書状況 読み終わった [2018年2月17日]
カテゴリ 漫画

kindleで購入。かなり書き込まれた作品のため、紙本の方がいいかもな、と思ったけど、内容的には良かった。

2018年2月12日

読書状況 読み終わった [2018年2月12日]
カテゴリ 漫画

なかなか面白くなってきた

2018年1月30日

読書状況 読み終わった [2018年1月30日]
カテゴリ 漫画

なかなかシュールで面白い。まだ一巻しか読んでないけど、東日本大震災とメッセージという映画が混ざったような舞台で、女子高生の日常が描かれるというギャップが面白い。

2018年1月14日

読書状況 読み終わった [2018年1月14日]
カテゴリ 漫画

植物鑑定人の家?スキー場のリフトでの戦い。岩人間とそのペットが出てくる。

2018年1月21日

読書状況 読み終わった [2018年1月21日]
カテゴリ 漫画

ツリーハウスについての本。写真が多くきれい。子供の頃、トムソーヤのアニメをみて、ツリーハウスに憧れたことを思い出した。実際に見に行きたいツリーハウスもいくつかあった。自分でつくれたら最高だなー。

2018年2月18日

読書状況 読み終わった [2018年2月18日]
カテゴリ 実用

読書状況 いま読んでる
カテゴリ スピリチュアル

読書状況 読み終わった [2018年2月3日]
カテゴリ 実用

選択についての本。興味深く思った部分は以下の点。
アメリカ、イギリスといった、個人主義で個人の選択が重要である文化と日本など集団主義で周囲との関係性を重視する文化の比較。
辛い選択を個人が担うべきか。例えば自分の子供が助からない場合に延命処置をやめるかどうか、といったもの。この場合は専門家に決めてもらったほうが、後々の後悔が少ない。自分で下した決定に後悔する事がある。
あまりにたくさんの選択肢があると人間は混乱してしまう。たくさん選択肢を出しすぎるのは逆効果。6〜7くらいまで。専門分野であれば系統立って選択肢を省略していけるのでたくさんの選択肢がある状況にも対応できる。

2017年11月23日

読書状況 読み終わった [2017年11月23日]
カテゴリ 科学
ツイートする