新装版 密閉教室 (講談社文庫)

3.28
  • (7)
  • (33)
  • (66)
  • (12)
  • (1)
本棚登録 : 336
レビュー : 31
著者 :
FTさん 文庫   読み終わった 

法月綸太郎氏のデビュー作。
文体、構成、展開、人物、どこをどう切っても、いかにも、という趣きが漂う。
もちろん本格ミステリーにカテゴライズされるので、単純に先が気になって苦痛なく読み進めることはできるのだが、じゃあ披瀝される各種明かしや、二転三転するラスト近くの展開に素直に感嘆できるのかというと、それは別の話。
クライマックスに仕掛けられた種々の捻りが物語にとって必然性のあるものとは感じられらなくて、乱暴に言ってしまえば、細工のための細工、のようなものになってしまっている。
そこらへんも込みで、いわばゲームとして読者の方も楽しむことを求められているのかもしれないが、それでいて結末は含みを持たせたまま了となっているし、あくまでリアルな、そこらへんでひょっとしたら私たちも出くわしてしまうかもしれないような非日常を期待すると、肩を透かされてしまう。

レビュー投稿日
2014年7月8日
読了日
2014年7月8日
本棚登録日
2014年7月8日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『新装版 密閉教室 (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『新装版 密閉教室 (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする