すべてがFになる (講談社文庫)

3.84
  • (2307)
  • (2429)
  • (2856)
  • (287)
  • (54)
本棚登録 : 18010
レビュー : 2348
著者 :
ftfさん 森博嗣   読み終わった 

自分が今まで読んだミステリーの中で1位、2位を争う面白さ。ちなみに争っているのは金田一耕介シリーズの「獄門島」。「今まで読んだ」といってもそんなにミステリーを読んでいるわけではないですが。

「天才」「密室」「孤島」・・・西尾維新「クビキリサイクル」を思い出しました。

現実でも小説でも天才には敵いませんね。ああいう人たちって何が違うんでしょう。生き物として次のステージにいるように感じます。

森博嗣S&Mシリーズ面白いです!!

レビュー投稿日
2012年2月14日
読了日
2012年2月14日
本棚登録日
2012年1月30日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『すべてがFになる (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『すべてがFになる (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする