巷説百物語 (角川文庫)

3.78
  • (584)
  • (547)
  • (961)
  • (38)
  • (4)
本棚登録 : 4309
レビュー : 425
著者 :
制作 : FISCO 
fttbs0221さん 京極夏彦   読み終わった 

闇に消えゆく悪事に,綿密な計画と巧みな話術で光を当てる.
時は江戸時代.大雨で山越えを断念せざるを得なくなった修行僧は,山中の古小屋で雨を明かすことになった.偶然集まったはずのその小屋の面々が語る怪異譚は,どこか身に覚えのある内容であった.
京極夏彦のダークヒーロ時代小説.

レビュー投稿日
2017年5月8日
読了日
2017年5月8日
本棚登録日
2017年3月1日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『巷説百物語 (角川文庫)』のレビューをもっとみる

『巷説百物語 (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする