69 sixty nine (集英社文庫)

3.50
  • (276)
  • (304)
  • (908)
  • (52)
  • (16)
本棚登録 : 2688
レビュー : 391
著者 :
fugiさん  未設定  読み終わった 

映画化されたけど、つまらなかった。

69は淫靡で、象徴的な年、安保闘争が盛んだったころ。
限りなく透明に近いブルーもそうだけど、
題名が秀逸。

13歳のハローワークといい、時代を切り取り
商売上手。

文章に出てくる、太文字が印象的、
美しいものは、美しい、醜いもは、醜いと
はっきり書いてある。

人生は楽しんだもん勝ちだと。

レビュー投稿日
2014年5月13日
読了日
2014年5月12日
本棚登録日
2014年5月12日
3
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『69 sixty nine (集英社文庫...』のレビューをもっとみる

『69 sixty nine (集英社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする