アゴを引けば身体が変わる 腰痛・肩こり・頭痛が消える大人の体育 (光文社新書)

3.66
  • (17)
  • (29)
  • (30)
  • (3)
  • (3)
本棚登録 : 284
レビュー : 36
著者 :
fujiit0202さん 健康   読み終わった 

人間、歳をとってくると
身体の不調が多くなってくるものです。

私は、身体の調子が悪くなると、
頭痛か腰痛が出たりします。


本日ご紹介する本は、

元サッカー選手であり、現在は腰痛症の改善を主とした
パーソナルトレーナーである伊藤 和磨さんの著書。

腰痛予防のための正しいカラダの使い方
を示した1冊です。


ポイントは
「姿勢とフォーム」

姿勢とは正しい身体の形を維持すること。
フォームとは正しい身体の動かし方です。

生活習慣病は、
日頃の悪しき習慣によって、
少しずつ身体に悪い物が蓄積されて起こる病気です。

慢性的な腰痛は、
悪い姿勢やフォームにより、
日頃、患部にダメージを与え続けてきたことで
ダメージが蓄積されて起こるものです。

身体にダメージを与える姿勢やフォームなどの
悪しき習慣を改善することがポイントです。


「姿勢」

腰痛症は3人に1人が経験するといわれており、
猫背や前のめりの姿勢が原因で起きています。

猫背や前のめり姿勢で一番負担がかかるのが
くびと腰です。

正しい位置から頭が2.5センチ前にでると
4キロの負担がくびや肩にかかります。

あごを引いて、正しくくびの真上に頭がのっているか
意識してみましょう。



「呼吸」

姿勢が改善できると、呼吸も改善できます。

猫背になっていると、深い呼吸ができません。

深い呼吸ができないと、身体の隅々まで酸素が行き渡らず、
身体によくない状態を続けていることになります。

我々のようなパソコンに向かう時間が多い仕事では、
どうしても前傾姿勢になります。

30分に1度は、背筋を伸ばして深呼吸してみましょう。


ぜひ、読んでみてください。



◆本から得た気づき◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
痛みは結果、根本的な原因は、患部に負担をかけている姿勢や動作フォームにある
アゴを引くとスイッチが「ON]になり、骨盤が前傾し、姿勢が整う
正しい位置から頭部が2.5センチ前に出るごとに、くび肩に掛かる負荷は4キロずつ増加する
腰痛症は、猫背や前のめり姿勢が原因で起きている
姿勢の改善なくして、呼吸の改善はない
うつむき姿勢こそが、万病の元であり、頸をいためている原因
患部にダメージを与え続けてきた悪しき習慣を改善することが、目指すゴール
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆目次◆
講義1 ツワモノはアゴを引く
講義2 腰痛を治す尻の使い方
講義3 豊かな呼吸と貧しい呼吸
講義4 頚の痛みと全身の不調
講義5 壊れゆく人の足
講義6 靴と日本人
講義7 椅子と日本人
講義8 慢性痛とのつき合い方
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆マインドマップ◆
http://image02.wiki.livedoor.jp/f/2/fujiit0202/e170081c30011e40.png
 

レビュー投稿日
2014年1月13日
読了日
2014年1月13日
本棚登録日
2014年1月13日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『アゴを引けば身体が変わる 腰痛・肩こり・...』のレビューをもっとみる

『アゴを引けば身体が変わる 腰痛・肩こり・頭痛が消える大人の体育 (光文社新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『アゴを引けば身体が変わる 腰痛・肩こり・頭痛が消える大人の体育 (光文社新書)』にfujiit0202さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする