インディヴィジュアル・プロジェクション (新潮文庫)

3.37
  • (63)
  • (107)
  • (276)
  • (27)
  • (13)
本棚登録 : 964
レビュー : 125
著者 :
fujitatetsuyaさん 日本の短編・中編   読み終わった 

大江健三郎の初期作品を読んだ時に感じた、高揚感を味わうようで、懐かしい気持ちにさせられた。

基本的に軽やかなトーンで、手垢にまみれた素材である渋谷を舞台に、スパイ小説的なハードボイルド状況を描いている。ハードボイルド的状況は、終盤になると律儀で健気なブンガク的味付けで撹拌される運びとなるが、なかなか奥ゆかしい。

レビュー投稿日
2018年4月21日
読了日
2018年4月21日
本棚登録日
2018年4月21日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『インディヴィジュアル・プロジェクション ...』のレビューをもっとみる

『インディヴィジュアル・プロジェクション (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする