熱帯雨林の彼方へ

  • 新潮社 (2014年6月30日発売)
3.56
  • (4)
  • (4)
  • (6)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 74
感想 : 12
4

粗筋を紹介することに意味を見いだせないタイプの小説。マジックリアリズムの系譜と評するのも良い、SF・ファンタジーの一種として記憶するのも良し、現代米国文学の収穫と評するのも勿論言い過ぎではない。とにかく賑やかで、明るく心湧きたつ仕掛けに満ちている。
眉間の前にフワフワ浮かぶ小球体を持つ男の奇想天外な物語、と聞いて抵抗感を感じない向きには、頁をめくって欲しい。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: アメリカ文学
感想投稿日 : 2014年10月25日
読了日 : 2014年10月25日
本棚登録日 : 2014年6月29日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする