コンラッド短篇集 (岩波文庫)

3.47
  • (2)
  • (4)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 93
レビュー : 5
深川夏眠さん  英米語文学   読み終わった 

映画『地獄の黙示録』の原案『闇の奥』が
あまりにも有名なコンラッド(1857-1924)の短編集。
20世紀初頭に発表された6編は、いずれも
人の心の襞に潜むものを洗い出すかのようなストーリーであり、
また、後年の長編への布石とも受け取れる
設定も存在する。

【収録作】
 エイミー・フォスター(Amy Foster,1901)
 ガスパール・ルイス(Gaspar Ruiz,1906)
 無政府主義者(An Anarchist,1906)
 密告者(The Informer,1906)
 伯爵(Il Conde,1908)
 武人の魂(The Warrior's Soul,1917)

鋭く胸に刺さったり、
もやっとした謎が残ったりした三編について触れておく。

■エイミー・フォスター
 英国の僻村、イーストベイ海岸のコールブルックに住み着いて
 開業医となったケネディ医師が「私」に語った悲しい逸話。
 医師が診察した子供の母であるエイミー・フォスターと、
 彼女の亡夫について――なのだが、
 実はこの夫ヤンコー・グーラルが主人公。
 漂着したよそ者であるが故に冷遇され続け、
 心を通わせたはずの妻とも真に理解し合えなかった男の
 悲劇の物語だが、
 妻エイミーの名がタイトルになっている点が興味深い。
 定住しながら同化を拒んで異質性を保ち続けた異邦人を
 最後まで受け入れなかったコミュニティの代表として、
 作者は彼女の名を題名にしたのだろうか。

■ガスパール・ルイス
 19世紀初頭、スペインからの独立を目指す
 革命戦争下のチリにおいて、
 解放者ホセ・デ=サン・マルティンが組織・指揮した
 共和派軍で華々しい軍歴を築き上げたサンティエラ将軍の
 若かりし中尉時代の記憶、すなわち、
 王党派軍の捕虜となり、否応なく寝返らざるを得なかった
 屈強な兵士ガスパール・ルイスの物語。
 奇蹟的に銃殺を免れて逃亡したガスパールの戦いと愛。
 没落した金満家スペイン人の娘エルミニアは、
 大地震の混乱から自分を救ったガスパールを信頼し、
 彼の進撃の支えとなった。
 エルミニアは男装してガスパールに寄り添い、
 彼に味方するインディオたちの尊崇を集め、
 やがて娘を産んだ――。
 *
 血沸き肉躍る冒険活劇にして
 ところどころご都合主義的な展開になる点は、
 さながらラテンアメリカ文学か、はたまた
 レオ・ペルッツの歴史小説か――といった印象。
 オチも予想どおり、いかにもな締め方なのだが、
 そのベタさに心を奪われた(笑)。

■伯爵
 原題はイタリア語で伯爵を表すなら Il Conte のはずだが、
 コンラッド本人のケアレスミスがそのままになっている。
 語り手がナポリで出会った
 上品で人のいい老伯爵が見舞われた災難について。
 背後にある重要な事柄をわざとうやむやにしたかのような、
 奥歯に物が挟まった風な叙述にモヤモヤしていたが、
 少し検索してみたところ、
 私と同じ感懐を持った人のレビューを発見してホッとした。
 訳者の解説もアッサリしたもので、
 その点には触れられていないが、
 実はクィアな物語だろうと考えられる。
 アンソロジー『クィア短編小説集』に収録されても
 おかしくないと思うのだが……。
 https://booklog.jp/users/fukagawanatsumi/archives/1/458276844X
 持病を悪化させないために温暖な地域を選んで
 健やかに過ごしてきたにもかかわらず、
 恐怖に駆られてその地を離れねばならなかった
 伯爵の身に起きたこととは一体何だったのか。
 伯爵の回想を額面どおり受け取っても構わないのだが、
 彼がその晩の出来事をありのまま「私」に語ったとは限らず、
 選ばれた言葉は性的な事柄の暗喩だったと捉え得る。
 夜の公園のベンチに座り込んだ青年に
 気分が悪いのかと声をかけたら
 相手は刃物を持った強盗だったというのが
 伯爵の言い分なのだが、
 金銭の受け渡しがあった、また、
 伯爵は死よりも醜聞を怖れている――と言われれば、
 なるほどと得心するしかない。

レビュー投稿日
2021年1月27日
読了日
2021年1月27日
本棚登録日
2020年11月26日
4
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『コンラッド短篇集 (岩波文庫)』のレビューをもっとみる

『コンラッド短篇集 (岩波文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする