フィメールの逸話(2) (セブンティーンコミックス)

著者 :
  • 集英社 (1983年8月10日発売)
4.83
  • (5)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 7
感想 : 2
5

少女としての生活を謳歌する和音(かずね)=慧(けい)
だったが、
将(たもつ)には、
相手が「少女の姿をしながら心は男だった慧である」
ということが受け入れがたい。
が、紆余曲折を経て「彼女が好きだ」と
自分の本心を確認するに至る。
しかし……。
丸く収まるかと思ったのに、なんという悲しい結末(´Д⊂ヽ
将くんはずっと一人ですべての秘密を抱えていくんだなぁ。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ:  《か》~《そ》
感想投稿日 : 2012年1月16日
読了日 : -
本棚登録日 : 2012年1月16日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする