アマノン国往還記 (新潮文庫)

3.68
  • (4)
  • (9)
  • (12)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 81
レビュー : 10
著者 :
深川夏眠さん  女流文学   読み終わった 

大真面目に悪ふざけが展開するSF……
と言ってしまっていいだろうか。
女が支配する国と化して久しいアマノンを
本来あるべき形に戻そうと、
元々そういうつもりで乗り込んだワケじゃなかったのに、
図らずも奮闘する羽目になってしまったモノカミ教団の宣教師P。
しかし、布教と称して実際に行うのは――うーむむむ(苦笑)。

レビュー投稿日
2011年12月12日
読了日
2009年10月4日
本棚登録日
2011年12月12日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『アマノン国往還記 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『アマノン国往還記 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『アマノン国往還記 (新潮文庫)』に深川夏眠さんがつけたタグ

ツイートする