うつろ舟―渋澤龍彦コレクション   河出文庫

3.77
  • (24)
  • (18)
  • (41)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 246
レビュー : 32
著者 :
深川夏眠さん  幻想文学   読み終わった 

Tasso再読祭継続。
『ねむり姫』同様、様々な典籍に材を取った幻想時代劇、
全8編。
『ねむり姫』が「陽」なら、こちらは「陰」。
凄惨な怪談の気配が濃厚だが、表題作は
キーワードの「多幸感」が示すとおり、妙に朗らか。

以下、特に印象深い作品について。

■「魚鱗記」
 江戸時代の長崎で流行したという「ヘシスペル」なる
 水槽の魚を使った賭け事、
 それにまつわる悲劇、そして怪異。
 ラストは小泉八雲の怪談のように、しんみりと物悲しいが、
 事件の鍵を握る不気味な少年の素性は謎のまま。

■「花妖記」
 鞆の浦に着いた商人が出会った、
 地元の分限者の次男坊は、昼から飲んだくれ、
 奇妙な話を始めた……。
 エロティックと見せかけて、おぞましい怪談。
 夢野久作の短編をエレガントにしたような。

■「菊燈台」
 土佐の伝説「宇賀の長者」、
 延いてはそれを翻案した田中貢太郎「宇賀の長者物語」を
 ベースにした奇談。
 人魚と契り、記憶を失って人買いに攫われ、
 製塩所の苦役に就く美青年は……。
 水の精、また、火の精の死の抱擁。

■「ダイダロス」
 タイトルはギリシア神話に登場する発明家で、
 イカロスの父。
 宋から日本へ渡り、
 源実朝のために巨船を建造した陳和卿だったが、
 船はあまりに大きく重すぎて進水すらままならず、
 浜辺で朽ちていった。
 面目を失った陳は隠れ家に蟄居し、
 人語を解す鸚鵡と語らいながら酒に浸っていたが……。
 幾重にも折り重なった人の夢を切り裂いて海に還った
 一匹の蟹もまた、何ものかの夢の中に棲む、
 堅い甲羅よりむしろ儚い泡に近い存在だったのかもしれない。

レビュー投稿日
2017年11月30日
読了日
2017年11月30日
本棚登録日
2017年11月24日
6
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『うつろ舟―渋澤龍彦コレクション   河出...』のレビューをもっとみる

『うつろ舟―渋澤龍彦コレクション   河出文庫』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする