青い脂 (河出文庫)

4.00
  • (6)
  • (6)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 151
レビュー : 10
深川夏眠さん  ロシア語文学   読み終わった 

1999年に出版された
ロシアの作家ウラジーミル・ソローキンの長編SF小説。

2068年、酷寒の地に建つ遺伝子研(GENLABI)18に、
七人の文学者のクローン体が運び込まれた。
クローンたちは新作を書き上げると
焼け焦げて仮死状態に陥り、
超絶縁体の《青脂》――青い脂――を体内に蓄積させる。
研究所員の一人、
言語促進学者ボリス・グローゲル曰く、
防衛省が月面にピラミッド型をした不変エネルギーの
反応器を造っており、
その原料になるのが第五世代の超伝導体と《青脂》で、
それは軍事用ではなく、毒性もなく、
分解可能だが燃えることもない――。

物語の鍵を握る謎の物体が
次から次へと人の手に渡っていく様は
さながら河竹黙阿弥『三人吉三廓初買』のようだと
思いつつ、ニヤニヤしながら読み進めたが、
次第にボルヘスの名言が頭を擡げ出した。

 > 長大な作品を物するのは、
 > 数分間で語りつくせる着想を
 > 五百ページにわたって展開するのは、
 > 労のみ多くて功少ない狂気の沙汰である。

 ※『八岐の園』~「プロローグ」
  (岩波文庫『伝奇集』p.12)

様々なテクストを織り込んで諷刺を利かせているのは
理解できたが、
後半のエログロ描写ですっかりお腹いっぱいに(笑)。
ただ、《青脂》が製造される2068年のロシアに
中国語・中国文化が浸透しているらしい叙述について、
解説(p.604)には、

 > すでに疲弊した西洋に代わって中国が勢力を増し、
 > やがてその文化が
 > ロシア文化を侵食するだろうという
 > ソローキン独自の未来予測

とあり、中国のパワーが増大して、
ロシアに限らず世界中を席巻している現状を鑑みるに、
前世紀末時点での作者の予見は
的中していたと言えるのでは……と、
その点には深く頷かされた。

レビュー投稿日
2020年6月3日
読了日
2020年6月3日
本棚登録日
2018年8月16日
5
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『青い脂 (河出文庫)』のレビューをもっとみる

『青い脂 (河出文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする