ワルのぽけっと (角川文庫)

3.55
  • (11)
  • (29)
  • (50)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 204
レビュー : 11
著者 :
深沢ハルさん  未設定  読み終わった 

短篇集なのだが、灰谷さんの短篇集どれもいいんだけど、今回はすべての短篇にはっとさせられた。もの凄く鋭い『ワルのぽけっと』から、例によって風の子保育園の『いくちゃんというともだち』まで、本当にどっきりさせられる視線の鋭さ。灰谷さんの眼はつよい。ファンなら誰でも知っていることだが、それでいてもの凄くやさしい……。今までと順位が変わった。灰谷さんの小説は、1位太陽の子、2位ワルのぽけっと、3位少女の器、で決まりですね。(個人的には、ですが。)それと、『ブゥ一等あげます』が、好きです。


こんな感想しか書けませんでした。
いつか作家になることを夢見ている者としては、すごく悔しいのですが、(言い訳でなく、)人間、感動するとなにも言えないものですね。それを言わなければならないのが作家という職業でしょうが……。
そういえば、私が作家になりたいと初めて思ったのも、灰谷さんの影響です。小4の頃、いじめを受けていた頃ですから私の16年程の人生で一番つらい時期でした。灰谷さんに救われました。

レビュー投稿日
2011年2月21日
読了日
2011年2月21日
本棚登録日
2011年2月21日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ワルのぽけっと (角川文庫)』のレビューをもっとみる

『ワルのぽけっと (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『ワルのぽけっと (角川文庫)』に深沢ハルさんがつけたタグ

ツイートする