Agatha Christie, Woman Of Mystery (Oxford Bookworms Library; True Stories, Stage 2)

3.56
  • (2)
  • (7)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 35
レビュー : 11
著者 :
fuki-catさん 洋書YL2.0~2.9   読み終わった 

Agatha Christieが小説を書き始めた時から
亡くなるまでの伝記です。
学生時代にポワロについては全部読みましたが、
あまりよく覚えていません。
ミス・マープルは読破していないので、
原作で読めるようになりたいと思います。

ミステリの女王も19歳で小説を書き始めて、
やがて探偵小説に転向し、出版されるまでは
出版社から作品を送り返される苦労があったんですね。

36歳の時の失踪事件については、
未だ謎のままだそうですが、
彼女が計画的に仕組んだ事件だったのではないかと
思っています。

今はミステリが連日のように出版されていますが、
100年後も読み継がれる作品は数少ないと思います。
こうして書いているうちに益々読みたくなってきました。

118Books YL2.6 5,960words
total 1,723,010words

レビュー投稿日
2014年3月16日
読了日
2014年3月16日
本棚登録日
2014年3月16日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『Agatha Christie, Wom...』のレビューをもっとみる

『Agatha Christie, Woman Of Mystery (Oxford Bookworms Library; True Stories, Stage 2)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする