Oxford Bookworms Library: Level 3: : The Secret Garden (Oxford Bookworms Library. Human Interest. Stage 3)

4.11
  • (6)
  • (8)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 68
レビュー : 11
fuki-catさん 洋書YL3.0~3.9   読み終わった 

子供の頃読んで、今ではほとんどあらすじを
覚えていなかったので、今回読んでみて感動しました。
繊細な挿絵もとても素敵です。
すぐに忘れてしまうので、あらすじを書き残していきます。

お金持ちで多忙な両親の愛情を受けずにインドで育った
10歳のMary Lennoxはメイドに身の回りのことをさせ、
我儘で気難しい少女です。
ある日、流行病で両親を一度に亡くします。
イギリスのヨークシャーに住む伯父の元に引き取られますが、
伯父は10年前に妻を亡くして以来、悲しみから立ち直れず、
人を寄せ付けなくなっていました。
大きな古いお屋敷の100部屋あるうちの大半は
鍵がかけられ、自由に歩きまわることを禁じられたMaryは
庭に出て遊びます。
庭師のBen Weatherstaffと親しくなり、
コマドリと友達になります。
メイドのMarthaと打ち解けて話すようになり、
Marthaの母から縄跳びをプレゼントしてもらい、
庭で飛び跳ねるうちに健康な少女になっていきます。

庭に塀で囲まれた部分があることに気づいたMaryは
そこは伯母が生前愛した庭園で、木の枝から落ちた
伯母がその怪我が元で亡くなり、伯父が閉鎖したことを
知ります。
Maryは犬が掘ったと思われる穴から庭園の鍵を見つけ、
コマドリに入口の扉を案内してもらいます。
荒れていますが、新芽の出ようとしている花園を蘇らせようと
Marthaの弟Dickonと共に懸命に世話をします。

夜な夜な屋敷の中で聞こえる泣き声をたどっていくと、
Maryに隠されていた伯父の息子のColinと出会います。
Colinは病弱で父と同じように背中が曲がり、
長生きできないと思い込んでいます。
MaryとDickonは車椅子に乗せてColinを花園へと連れ出し、
Colinは綺麗な空気と花園の魔法で健康を取り戻していきます。

ヨーロッパに長期滞在していた伯父は妻のことを夢に見るようになり、
Marthaの母から手紙を受け取り、
ただちに帰国することを決めます。
息子が外に出ていることを知った伯父が
そこで見た光景は・・・

117Books YL3.2 9,600words
total 1,717,050words

レビュー投稿日
2014年3月16日
読了日
2014年3月15日
本棚登録日
2014年3月16日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『Oxford Bookworms Lib...』のレビューをもっとみる

『Oxford Bookworms Library: Level 3: : The Secret Garden (Oxford Bookworms Library. Human Interest. Stage 3)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする