戦略論の名著 - 孫子、マキアヴェリから現代まで (中公新書)

3.18
  • (6)
  • (15)
  • (32)
  • (11)
  • (2)
本棚登録 : 325
レビュー : 31
著者 :
東洋軒さん 経営学関連   読み終わった 

 太古から現代まで古典とされるべき著書の解説書。邦訳されていないものの紹介も多く、これを機に訳されることを期待したい。古いものは、経営学にも参照されることが多いが、現代に近づくにつれ、いわゆる「戦略論」と経営学における「経営戦略論」との乖離が大きくなることは発見であった。戦略はあくまでも目的達成の方法であり、競争相手を叩きのめすこと(それが目的の一部であってもならない)ではないことを肝に銘じたい。

レビュー投稿日
2019年5月27日
読了日
2019年5月27日
本棚登録日
2013年4月25日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『戦略論の名著 - 孫子、マキアヴェリから...』のレビューをもっとみる

『戦略論の名著 - 孫子、マキアヴェリから現代まで (中公新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする