白球礼讃―ベースボールよ永遠に (岩波新書)

3.67
  • (2)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 37
レビュー : 4
著者 :
fumi1069さん  未設定  未設定

正岡子規「筆まかせ」 「運動となるべき遊技」を順々にけなし、「ベースボールほど愉快にみちたる戦争は他になかるべし」という。 「戦争」と「愉快」との語のコントラストを味わうべきことばだろう。ベースボールという場所では、真剣味も遊びごころも、悲壮も陽気も、たくらみも無邪気も、ひとつの場所に融けあって豊かにひろがる。 世界と同じ深さとひろさをもつゲームだ。 世界の深まりとひろがりとたたかうゲームなのだ。 この本は、あちこちにあるあった草野球チームの任意の一草が語ったものにすぎない。だからこそ、同じ光りに打たれ、 同じ風ににそよぐ思いはたくさんあるだろう。

レビュー投稿日
2016年9月7日
本棚登録日
2016年9月7日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『白球礼讃―ベースボールよ永遠に (岩波新...』のレビューをもっとみる

『白球礼讃―ベースボールよ永遠に (岩波新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする