やがて哀しき外国語 (講談社文庫)

3.50
  • (127)
  • (254)
  • (529)
  • (31)
  • (4)
本棚登録 : 2437
レビュー : 174
著者 :
fumihito1983さん エッセイ   読み終わった 

村上春樹のエッセイ集。アメリカ滞在中のもので、主にアメリカ文化を通して観た日本みたいな感じが多い。時期としては湾岸戦争辺りからクリントン初期くらい辺り。

例えば何か大事なものと自分の間に壁があっとして、村上春樹のものの捉え方というか文章は、その壁を少しずつ丁寧にハンドハンマーで丁寧に叩いていって、穴があきそうなところを発見して、そこを丁寧に掘って行くような感じがあって、そういう感じが自分が村上春樹を好きな理由なんだろうな、と思った。

ネットサーフィンをしていて普段読む文章は、壁をバズーカーとかで破壊しようとしたり、ただ壁をちょっと離れて神経質に観察するだけ、みたいなものが多くて、そういう意味でも古い本だけど新鮮で楽しく読めた。

20年位前の本なので、アメリカ文化のリアルな情報では最早無いような気もするけど、それでもなお読んで良かったなあ、と思った。

レビュー投稿日
2014年5月1日
読了日
2014年5月1日
本棚登録日
2014年4月24日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『やがて哀しき外国語 (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『やがて哀しき外国語 (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする