戦争と平和(四) (新潮文庫)

3.81
  • (42)
  • (36)
  • (62)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 475
レビュー : 34
著者 :
制作 : 工藤 精一郎 
シップさん ミステリー   読み終わった 

かなりボリュームのある本。正月から読み始めて、やっと全巻を読破。最後になるほど、ストーリーとは別の歴史論的な内容が。
エピローグの第1部の最後に、アンドレイ公爵の息子が決意をする部分があるが、そこで終わってしまっており、収まりが悪いような。
元々、続編でも書く予定だったのだろうか?

レビュー投稿日
2018年2月21日
読了日
2018年2月21日
本棚登録日
2018年2月21日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『戦争と平和(四) (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『戦争と平和(四) (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする