明治 大正凸凹地図 東京散歩

4.00
  • (2)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 60
レビュー : 4
著者 :
しげさん  未設定  読み終わった 

まず思ったのは、東京ってかなり起伏があるんだなぁということです。
そして水の都だったんだなということも…。

首都・東京都いうと、関東平野のど真ん中という印象があったのですが、実はかなり起伏があること。
そして周りより標高が高い(=見晴らしが良い・周辺のシンボル)場所には、しっかりそれなりの建物があったということも分かりました。

運河などが多く埋められていたのも印象に残りました。
「溜池」山王など、地名に残っているところもありますが、個人的にはもったいないことしたなぁ…という思いがわきました。
そして今の仕事場が、もともとあった港の上に建てられているということが、何より衝撃でした。

レビュー投稿日
2015年12月12日
読了日
2015年12月12日
本棚登録日
2015年12月12日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『明治 大正凸凹地図 東京散歩』のレビューをもっとみる

『明治 大正凸凹地図 東京散歩』のレビューへのコメント

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする