完訳 千一夜物語〈12〉 (岩波文庫)

3.69
  • (3)
  • (3)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 48
レビュー : 7
Στέφανοςさん 中国・東洋文学   積読 

原書名:LE LIVRE DES MILLE NUITS ET UNE NUIT

のどかな青春の団欒
不思議な書物の物語
金剛王子の華麗な物語
滑稽頓智の達人のさまざまな奇行と戦術
乙女「心の傑作」鳥の女代官の物語
バイバルス王と警察隊長たちの物語

編者:ジョゼフ=シャルル・マルドリュス(Mardrus, Joseph-Charles, 1868-1949、エジプト・カイロ、東洋学者)
訳者:豊島与志雄(1890-1955、朝倉市、小説家)、渡辺一夫(1901-1975、東京、フランス文学者)、佐藤正彰(1905-1975、東京、フランス文学者)、岡部正孝(1912-、フランス文学者)

レビュー投稿日
2019年2月8日
本棚登録日
2016年1月14日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『完訳 千一夜物語〈12〉 (岩波文庫)』のレビューをもっとみる

『完訳 千一夜物語〈12〉 (岩波文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『完訳 千一夜物語〈12〉 (岩波文庫)』にΣτέφανοςさんがつけたタグ

ツイートする