フーコー―知と権力 (現代思想の冒険者たち)

3.43
  • (2)
  • (5)
  • (14)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 103
レビュー : 7
著者 :
Στέφανοςさん 西洋哲学   積読 

序章 その死から
第1章 高等師範学校生・フーコー
第2章 北の街へ―フーコーの「さすらい」
第3章 『狂気の歴史』―精神医学の考古学
第4章 「人間」概念の解体―人間科学の考古学に向けて
第5章 政治の渦のなかへ―チュニスからヴァンセンヌへ
第6章 「管理」のまなざし―『監視と処罰‐監獄の誕生』とその背景
第7章 「性」と「権力」の迷路―フーコーの最後の苦闘

著者:桜井哲夫(1949-、足利市、社会学)

レビュー投稿日
2019年11月26日
本棚登録日
2016年1月31日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『フーコー―知と権力 (現代思想の冒険者た...』のレビューをもっとみる

『フーコー―知と権力 (現代思想の冒険者たち)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『フーコー―知と権力 (現代思想の冒険者たち)』にΣτέφανοςさんがつけたタグ

ツイートする