完訳フロイス日本史〈12〉キリシタン弾圧と信仰の決意―大村純忠・有馬晴信篇(4) (中公文庫)

3.00
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 40
レビュー : 2
制作 : 松田 毅一  川崎 桃太 
Στέφανοςさん 日本史   積読 

菊池寛賞、毎日出版文化賞
著者:ルイス・フロイス(1532-1597、ポルトガル・リスボン、カトリック司祭)
訳者:松田毅一(1921-1997、高松市、歴史学)、川崎桃太(1915-、長門市、歴史学)

レビュー投稿日
2018年10月16日
本棚登録日
2016年12月27日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『完訳フロイス日本史〈12〉キリシタン弾圧...』のレビューをもっとみる

『完訳フロイス日本史〈12〉キリシタン弾圧と信仰の決意―大村純忠・有馬晴信篇(4) (中公文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『完訳フロイス日本史〈12〉キリシタン弾圧と信仰の決意―大村純忠・有馬晴信篇(4) (中公文庫)』にΣτέφανοςさんがつけたタグ

ルイス・フロイスの作品一覧

ルイス・フロイスの作品ランキング・新刊情報

ツイートする