自助論: 「こんな素晴らしい生き方ができたら!」を実現する本 (単行本)

3.91
  • (27)
  • (30)
  • (18)
  • (5)
  • (2)
本棚登録 : 335
レビュー : 29
制作 : Samuel Smiles  竹内 均 
g041j040さん 自己啓発   読み終わった 

天は自ら助くるものを助く。
多くの偉人たちの例や名言をあげて、わたしたちを奮い立たせる本。
まさに自己啓発。
努力、勇気、忍耐。
例えば、トクビル。
努力は裏切らない→時代と場所に恵まれだけ?
読書は耳学門、それを読書で伝える矛盾。

それらの疑問をひっくるめて、この本は私たちを後押ししてくれる。

1.トクビル アメリカ君主制論 人は極寒をいく旅人、常に歩き続けよ。

2.ベンジャミンウェスト
 クロードローガン

3.西国立志編と学門のすすめ

4.エリヒューバリット加治屋として働きながら18の言語をマスター「細切れの時間をつかったから」

5.シラクの子イエス「臆病者に災いあれ」

6.奴隷解放のファウエルバクストン。「目標が決まったら勝利か死かのいずれかしかない」
 自然を愛した男はどんな影響を与えた?
 プリシーラガーニーの呪い。

7.ベーコン随筆集か、酒か。ヒューミラーの問題

8.人生をただで与えられたような気がしても、必ずの請求書が送られてくる。イタリア風刺詩人

9.フランスの名士アルノー「休息は死んだらいやほどできる」 →託児所への考え方

10.万巻の書物もしょせんは耳学門。悪事を働く余裕をなくしているだけ。

11.ピタゴラス「汝を敬え」実践的知識は自己修養と克己心から作られる。

12.ジョンハンター 失敗も公表しなくては、医学は進歩しない

13.ドイツの作家リヒター貧困はイヤリングの痛み。それなしには着飾れない。

14.モンタギュー夫人「礼儀には金がかからず、しかもなんでも手にはいる。」
バーリ「人から慕われるようになれば、なんでも金も愛も手にはいる。」

レビュー投稿日
2017年9月16日
読了日
2017年10月12日
本棚登録日
2017年9月16日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『自助論: 「こんな素晴らしい生き方ができ...』のレビューをもっとみる

『自助論: 「こんな素晴らしい生き方ができたら!」を実現する本 (単行本)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする