新装版 坂の上の雲 (3) (文春文庫)

3.95
  • (587)
  • (462)
  • (615)
  • (20)
  • (4)
本棚登録 : 4628
レビュー : 274
著者 :
あぜぽんさん 歴史小説   読み終わった 

わかっててん。
正岡子規が若くで亡くなるんは、読みながらも読む前からもしっとってん。
やのに、何でこんなに読んでてつらいんやろう。
鼻水やら涙やらで顔がぐちゃぐちゃになってしまった。
司馬遼太郎さんの書く文章ってほんまにすごい。

ただ、正岡子規が死んでから秋山兄弟が出てこないシーンがすごく増えた。
もっと集中して読みたかったけど、集中できてなかったようであんまし覚えてない。
名前も大量にあがるもんやから、誰が誰やったかわからんくなってもうた。
これは全て私の頭が悪いせい。
もっとかしこければ、もっとこの小説楽しめるのに…

レビュー投稿日
2016年4月13日
読了日
-
本棚登録日
2014年4月6日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『新装版 坂の上の雲 (3) (文春文庫)』のレビューをもっとみる

『新装版 坂の上の雲 (3) (文春文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『新装版 坂の上の雲 (3) (文春文庫)』にあぜぽんさんがつけたタグ

ツイートする