動作: 都市空間の行動学 (講談社現代新書 816)

著者 :
  • 講談社 (1986年5月1日発売)
2.75
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 19
感想 : 1
2

著者は人類行動学の専門家だそうだ。
それで、動作をどのように分析するかや、文化差をどう扱うかなどが知りたくて読んでみたのだが、残念ながらこれはと思う内容はなかった。
もう少し「知」としてまとまった形かと思っていたのだが、電車内、盛り場、会議室・・・などなどと、いろいろな場面でのよくある行動が、アトランダムに指摘されていくのみ。
もちろん、文章が軽妙で、読みやすく、楽しいといういい点もある。
でもなあ・・・。
後書まできたら、これは講談社のPR誌に掲載されていたエッセイがもとになった本なのだとか。
あ~、それで納得。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2014年4月2日
読了日 : 2014年4月2日
本棚登録日 : 2014年4月2日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする