おとなの教養 私たちはどこから来て、どこへ行くのか? (NHK出版新書)

3.92
  • (187)
  • (331)
  • (201)
  • (20)
  • (3)
本棚登録 : 2644
レビュー : 275
著者 :
gaacoさん  未設定  読み終わった 

池上さんが「現代の自由七科」と呼ぶ、宗教、宇宙、人類の旅路、人間と病気、経済学、歴史、日本と日本人についての概説がなされた本。
「教養」本だけに、ほとんどのことはどこかで聞いたような内容だったけれど、これだけ広い分野をカバーできるのはすごいことだと思う。
スペイン風邪のこと(第一次大戦期で、他国は情報統制をしていたから実態がわからず、中立国だったスペインだけ報道されたためにその名がついた)や、日本の豚インフル罹患率が高い理由の話が面白かった。

ただ、もうそろそろ池上さんの本は卒業かなあ、卒業しなくちゃなあ、とも思う。

レビュー投稿日
2015年12月5日
読了日
2015年12月3日
本棚登録日
2015年12月3日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『おとなの教養 私たちはどこから来て、どこ...』のレビューをもっとみる

『おとなの教養 私たちはどこから来て、どこへ行くのか? (NHK出版新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする