新書466からだが変わる体幹ウォーキング (平凡社新書)

3.22
  • (7)
  • (20)
  • (30)
  • (12)
  • (3)
本棚登録 : 238
レビュー : 31
著者 :
gaacoさん  未設定  読み終わった 

実家の母が膝を手術したためか、年をとっても歩ける状態でいたいと強く思うこの頃。
歩くのは好きなので、今までもいろいろな本を読んできた。
どちらかというと「和」の歩き方の方が多かったかも。

これはマラソンの指導者として活躍する金哲彦さんによる本。
マラソンを走るフォームにもつながるような姿勢が推奨されている。

上半身が大事、肩甲骨の開閉を意識することが大事という話に、目からうろこが落ちる思いがした。
腕を振ることへの意識はないでもなかったけれど、肩甲骨の柔軟な運動が必要だとは。
普段荷物を肩にかけながら歩いているので、本当に上半身コチコチの状態で歩いていた。
この歩き方を意識することで、肩こりにもいい効果があるかもしれない。

ひざ痛の対処については、主に筋力不足が原因だから、と割とあっさり書かれていた。

レビュー投稿日
2014年11月24日
読了日
2014年11月24日
本棚登録日
2014年11月24日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『新書466からだが変わる体幹ウォーキング...』のレビューをもっとみる

『新書466からだが変わる体幹ウォーキング (平凡社新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする