岩に立つ (講談社文庫 み 6-6)

著者 :
  • 講談社 (1984年10月8日発売)
3.90
  • (8)
  • (20)
  • (12)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 127
感想 : 11
5

実在の大工の棟梁、鈴本新吉(本名鈴木新吉)の一代記。
次々と訪れる不幸と貧困の中に育つ。ヤクザ相手にも引かず、軍隊に入っても自分が正しいと信じるならば上官にも引かず。
決して強いばかりでなく、弱い者への慈悲の心を持つ。強い男が悲しんだのは、自分の誠心誠意が通じない相手がいることを知った時。
過酷な生い立ちは、何かの罰が当たってるんじゃないかと自身も他者も疑うほど。キリスト教と出会い、キリスト教の神は罰を与えない神で、イエスの職業が同じ大工だったことを気に入り洗礼を受ける。
本文前の「身を殺して 霊魂をころし得ぬ者どもを 懼るな」(新約聖書 マタイ伝 第10章 28節)が、新吉の生き様そのもの。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2014年4月11日
読了日 : 2014年4月11日
本棚登録日 : 2014年4月4日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする