だまされないための「韓国」 あの国を理解する「困難」と「重み」

4.13
  • (7)
  • (4)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 59
レビュー : 9
源蔵さん ノンフィクション   未設定

韓国の『今』を知るには良い本だと思います。著書二人の主張は客観的な部分と、あまりにも韓国寄りの感情的な部分があり、学者にしては社会科学とは言えない主張ではあったので、そこを差し引いて読む必要があります。インタビュー形式ですから、感情的になるのも仕方ないかもしれませんが。編集が上手く、分かりやすくまとまっており読みやすいです。

レビュー投稿日
2017年5月10日
本棚登録日
2017年5月10日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『だまされないための「韓国」 あの国を理解...』のレビューをもっとみる

ツイートする