読んで、「半七」!―半七捕物帳傑作選〈1〉 (ちくま文庫)

3.66
  • (6)
  • (14)
  • (17)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 122
レビュー : 25
著者 :
制作 : 北村薫  宮部みゆき 
ganapeeさん 図書館   読み終わった 

北村薫と宮部みゆきが選んだ、半七捕物帳の傑作選2冊のうちの1冊。
ほとんど推理らしい推理をしないという点でも、「江戸のシャーロック・ホームズ」というネーミングは正しいですね。
これを読むと、半七親分と回向院の茂七親分がかぶってきます。

少々余談ですが、この2冊の傑作選のうちのどこかで、半七親分が夜泣きそばを食べたときに「一杯(いっぺぇ)だけで済まねぇな」とそば屋の親父に言って帰っていく場面があったと思います。普段ならお代わりするのに、今日は一杯だけしか食べない、という雰囲気で。
一方、書名は覚えていないのですが、杉浦日向子の本に、夜泣きそばは現在の分量の1/4くらいだったが、お代わりするのは”野暮”だといわれていた、と書いてありました。
半七捕物帳は時代考証が正確であるとのことですが、どちらが正しいのでしょう?生粋の江戸っ子である半七親分が、野暮なことをするとも思えないのですが。

レビュー投稿日
2012年3月13日
読了日
2009年8月2日
本棚登録日
2012年3月13日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『読んで、「半七」!―半七捕物帳傑作選〈1...』のレビューをもっとみる

『読んで、「半七」!―半七捕物帳傑作選〈1〉 (ちくま文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする