探偵のオタクぶりが目立たなくなってきた。
表紙を見て、碓氷優佳シリーズを読みたくなった。

2013年9月27日

読書状況 読み終わった [2013年9月27日]
カテゴリ 図書館

龍頭蛇尾。が、途中まではおもしろかった。

2013年8月12日

読書状況 読み終わった [2013年8月12日]
カテゴリ 図書館

「ささらさや」の続編。
泣ける…

2013年7月30日

読書状況 読み終わった [2013年7月30日]
カテゴリ 図書館

さやさん、健気だ。
うまく行きすぎではあるげど、真っ直ぐで優しい心と一生懸命さは報われる、と思わせてくれる。

2013年8月12日

読書状況 読み終わった [2013年7月24日]
カテゴリ あった

伊坂幸太郎を読んでるような感じがした。

2013年6月28日

読書状況 読み終わった [2013年6月28日]
カテゴリ 図書館

脚本家が小説を書くとどうなるだろうと思っていたのだが、なるほど、全編独白という手があったか。

2013年7月31日

読書状況 読み終わった [2013年6月6日]
カテゴリ 図書館

この手の小説は竜頭蛇尾の終わり方が多いと思っていたけど、結構上手い終わり方だった。

2013年5月23日

読書状況 読み終わった [2013年5月22日]
カテゴリ 図書館

宮部みゆきお得意の”人の心の毒”は満載なのだが、読後感はさわやか。宮部さんは吹っ切れたのだろうか?模倣犯のような、これでもかというような悪意のたたみかけはない。
大きな痣(皮膚病?)のある和田屋のお嬢さん和香が、勝気でがんこでへそ曲がりで変なことに興味津々になって、おもしろい。

2013年5月2日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2013年4月24日]
カテゴリ 図書館

石持浅海作品にはよくあるが、ラストが納得できない。

2013年5月2日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2013年4月1日]
カテゴリ 図書館

叙述トリックを使った変わった読み味の短編集。
最後の短編(表題作)で、多くの登場人物が一つにつながるのがちょっと意外。楽しくはあったけど、こうする必要はあったのだろうか?むしろリコとカイエの話をもっと読みたかった。

2012年12月1日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2012年11月30日]
カテゴリ 図書館

定番小説という感じ。驚きはないが安心して読める。

2012年12月1日

読書状況 読み終わった [2012年11月29日]
カテゴリ 図書館

インビジブルレインで主要メンバーが全員左遷されたときこのシリーズも終わりかと思ったが、TVドラマがヒットしたせいか復活。一定のレベルを保っていて、安心して読める出来だと思う。ガンテツですら懐かしく感じる。

2012年12月1日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2012年11月28日]
カテゴリ 図書館

友人が、陳腐でチープだが優しい心がいっぱい、と言っていた。
賛成。こーゆーの、好みです。

2012年11月27日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2012年11月15日]
カテゴリ 図書館

人が死にすぎるのが興ざめ。

2012年11月27日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2012年11月3日]
カテゴリ 借りた

今回はオズノフ警部の話。前2作同様、過去の話は冗長で退屈。

2012年10月15日

読書状況 読み終わった [2012年10月13日]
カテゴリ 図書館

うーん。
いくらルブランとはいえ、いくらルパンの未発表作とはいえ、ルパン最後の作品という点以外は出版に値するレベルの小説とは思えない。
ルパンは懐かしいのだけれど。。。

2012年10月15日

読書状況 読み終わった [2012年10月5日]
カテゴリ 図書館

この毒は、割と心地よい。

2012年10月15日

読書状況 読み終わった [2012年10月4日]
カテゴリ 図書館

ミステリーということを意識しすぎているように思う。
普通にハッピーエンドで良い気がする。
この小説のほうが先に発表されているのだけど、梓崎優の「スプリング・ハズ・カム」と同じ構成。

2012年10月15日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2012年10月3日]
カテゴリ 図書館

最後のエピソードは必要だったのだろうか?

2012年9月28日

読書状況 読み終わった [2012年9月28日]

伊藤計劃作品とは、似て非なるものという気がします。

2012年9月25日

読書状況 読み終わった [2012年9月25日]
カテゴリ 図書館

悪人が登場しない青春小説。
単純に、好きな小説。

2012年9月13日

読書状況 読み終わった [2012年9月13日]
カテゴリ 図書館

おもしろいことはおもしろいのだが、なぜこんなに売れるのかがわからない。
この小説はライトノベルで、栞子さんは萌え系美少女の変形なのだということに、つい最近まで気づかなかった。
今はおもしろいのでジャンルはなんでも構わないのだが、5巻くらいまでで完結してくれないかなあ。そうしないと飽きそう。

2012年9月17日

読書状況 読み終わった [2012年9月10日]
カテゴリ 借りた

読んでる間の3時間はたいしたことなかったが、読後のつじつま確認の30分が楽しかった。
たっくんがかわいそ。

2012年9月1日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2012年8月30日]
カテゴリ 借りた

ちょっと説教くさいので、1点減点。

2012年8月21日

読書状況 読み終わった [2012年8月20日]
カテゴリ 図書館
ツイートする