反脆弱性[下]――不確実な世界を生き延びる唯一の考え方

4.12
  • (35)
  • (16)
  • (19)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 371
レビュー : 23
制作 : 望月 衛  千葉 敏生 
ganchan41さん 教科書・勉強   読み終わった 

上巻より悪口が多いかな?ということで★4つ
結論の抽出内容が、この本のすべて。ただし、意味を理解し味わうためには、本を最初から最後まで読まなければならない。
「すべてのものは変動制によって得または損をする。脆さとは、変動制や不確実性によって損をするものである。」
さて、2018年のバブルへの対象方法はどうするべきか?暴落の確率を計算するよりも、暴落した場合の保険をかけておくことが重要。自分事で保険がかけれるか?デブのトニーになって、暴落しても大儲けするOPTIONを検討しよう!

レビュー投稿日
2018年1月13日
読了日
2018年1月13日
本棚登録日
2018年1月13日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『反脆弱性[下]――不確実な世界を生き延び...』のレビューをもっとみる

『反脆弱性[下]――不確実な世界を生き延びる唯一の考え方』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする