知らずに他人を傷つける人たち (ベスト新書)

3.27
  • (5)
  • (25)
  • (44)
  • (5)
  • (4)
本棚登録 : 257
レビュー : 29
著者 :
gangan3さん 心理臨床   読み終わった 

香山リカは決めつけが多い感じがして、あまり好きではないけれど、子の中ででてくる日本人のモラハラについては納得できる。
インターネットでは、モラハラする人は「自己愛性パーソナリティ」「サイコパス」などとよく書かれているが、それは海外の例から抜粋されているものであるように思う。被害を受けているひとは、それらの情報を読んで、「故意の悪意を受けている」と思いこんでしまう。

実際には、この本にあるように日本人はコミュニケーション力の不足が、「モラハラ」と呼ばれている行動になってしまっていることが多いように思う。
だから、本人は「モラハラ」をしている自覚があまりない。身近な誰かの言葉を面倒だからと無視していないか?「どうせこうだろう」と決めつけて、一言で片づけていないだろうか?それが、人を傷つているかもしれないということに気づいているだろうか。

レビュー投稿日
2013年11月4日
読了日
2013年11月4日
本棚登録日
2013年11月4日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『知らずに他人を傷つける人たち (ベスト新...』のレビューをもっとみる

『知らずに他人を傷つける人たち (ベスト新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする